新しく教職員になられたみなさんへ

新しく教職員になられたみなさんへ

 

            宮崎県教職員組合  執行委員長 長友利貴

 

 

新型ウイルス感染症対策への対応など、ますます多忙な状況が続く中、2021年4月1日、新年度が始まりました。
 

新しく教職員になられたみなさん、採用おめでとうございます。
 

子どもたちの健やかな成長のために、あなたの持っている力を存分に発揮してください。
 

ただ、ややもするとついこの時期、「あれもしたい、これもしたい、こうあらねば、完璧にやらねば・・・」と無理をしてしまうことがあります。
 

職場の同僚の方々との協力・協働のもと、焦らず、無理をせず、時には、自分を振り返り、体や心を休ませることも忘れないでください。
 

臨時的任用教職員や非常勤教職員を経験していらっしゃる方々は、すでにご存知のことと思いますが、実際の教育現場では、さまざまな問題や課題に直面します。
 
そんなとき、同僚に相談できずに、一人で悩み孤立してしまっている状況はありませんか。

 

わたしたち義務制の教職員で作っている宮崎県教職員組合(宮崎県教組)は、教職員が健康で生き生きと働き続けることができる学校をめざし、教職員の処遇や職場の労働環境の改善に向けて、学校現場の組合員のみなさんの声を集め、また組合未加入者や臨採者の労働実態を踏まえ、県や市町村教育委員会、人事委員会等との交渉や話し合いを行っています。
 

また、こどもたちの健やかな成長をめざし、さまざまな教育内容に関わる研究や学習会などを行っています。
 

 
さて、県内の教育現場や現在の教育の現状を見たとき、今ほど学校現場に教職員組合が必要な時はないと考えています。

 

 

一人ひとりの教職員の力は決して大きくありませんし、その力で解決できることは、限られています。
 

わたしたちは、その力をたくさん合わせることが、つまり、教職員がお互いに助け合い、磨き合う仲間としてつながっていくことが、現場実態を変えていくことにつながると考えています。

 

ともに集い、一緒に学びませんか。
 
あなたの加入をお待ちしています。

加入をお考えの方へ
宮崎県職員組合

0985-77-5577

〒880-0903

宮崎県宮崎市太田1丁目3-39